QUA DESIGN style(クオデザインスタイル) 岡山を拠点に活動するグラフィックデザイン事務所
2017.9.7
「田中園子 写真の仕事」 奈義町現代美術館

9月16日(土)から奈義町現代美術館で「田中園子 写真の仕事」展が開催されます。同時期にgallery A-zoneさんで個展も開催して頂きます。
また個展に合わせ自身2作目の写真集「田中園子 写真」も刊行します。10月7日(土)にはトークセッションも予定しています。

【田中園子 写真の仕事】
会 期 2017年9月16日(土)〜10月15日(日)
会 場 奈義町現代美術館ギャラリー
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日、祝日の翌日 (ただし9月18日、9月24日、10月9日は開館)
入館料 一般・大学生200円(高校生以下・75歳以上は無料)
※常設展と一緒にお求めの場合は通常入館料金700円でご覧頂けます。
主  催 奈義町現代美術館

■同時期開催
会 期 2017年9月22日(金)〜10月22日(日)
会 場 gallery A-zone(岡山市中区小橋町2-3-10)

■田中園子(写真家)×田中雄一郎(デザイナー)トークセッション
10月7日(土) 午後2時30分〜 美術館喫茶室
田中園子とグラフィックデザイナー・田中雄一郎が「写真の仕事」と今回刊行された写真集「田中園子 写真」の編集秘話について語ります。参加費:300円(入館料別途)

クオデザインスタイルでは展覧会のポスター、フライヤー、招待券、写真集のアートディレクション&デザインを担当しています。

2017.8.21
「GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2017」に「田中」が掲載されました。
アジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design In Japan』。毎年、厳正な選考を通過した約600作品(1,500図版)を紹介しています。また、全出品作品の中から、最も優れた作品とその制作者に贈 られる「亀倉雄策賞」、特に優れた作品に贈られる「JAGDA賞」、今後の活躍が期待できる、有望な若手グラフィックデザイナーに贈られる「JAGDA新人賞」を今年も選出。世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を伝えつつ、データベース性も持たせた、実用性の高いデザイン年鑑です。
2017.8.4
公益社団法人日本サインデザイン協会が主催する第51回日本サインデザイン賞(SDA賞)で岡山後楽園バスのデザインが入選しました
2017.7.26
共著本「ロゴデザインの現場」の台湾版が発売されました。
2017.6.16
日本のグラフィックデザイン2017展で展示されています
「日本のグラフィックデザイン2017」
会  期:2017年6月17日(土)〜8月6日(日)11:00〜19:00
会期中無休・入場無料
会  場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主  催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』。2017年版の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示します。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、世界でも評価の高い日本のグラフィックデザインの現在を、ぜひご覧ください。

2017.1.26
掲載誌のお知らせ
イギリスの出版社Counter-Printから発売された「Art Marks」にバウムスタイルさんの「茶屋町の家」「赤磐の家」のロゴと、丹羽建築設計事務所のロゴが掲載されました。
2016.12.9
2016漢字デザインビエンナーレ展
国立台湾科技大学で開催されている「2016漢字デザインビエンナーレ展」に招待作家として参加させて頂いています。 

二零一六漢字設計雙年展開展!
展期:12/09〜20,10:00〜18:00

【評審作品】 工藤強勝 南部俊安 區?誠

【邀件作品】 古平正義 服部一成 色部義昭 林 規章
木住野彰悟 田中雄一郎 対馬 肇 石川竜太 増永明子
植松達馬 峠田充謙 鈴木信輔 王怡琴

2016.6.15
東京TDC賞2016展で展示されています
ggg(ギンザ・グラフィックギャラリー)で開催されている東京TDC賞2016の展覧会に、宇野バスのポスター「交通から旅へ」が展示されています。
新村則人さんがわざわざ写真を撮って送ってくださいました!
実はそれまで展示されているのを知りませんでした。新村さん、ありがとうございます!
東京TDC賞2016は、タイポグラフィを中心にしたグラフィックデザインの国際コンペティションで、国内外より寄せられた応募作品2,800点の中から受賞作品9作品をはじめ、ノミネート作品、優秀作品をあわせた150点が紹介されています。27日(月)まで。
2016.6.2
掲載誌のお知らせ
宣伝会議から発売された「100万社のマーケティング」に宇野バスさんのクリエイティブを紹介して頂きました。
2016.5.31
「ロゴデザインの現場」発売!
ロゴデザインについて執筆させて頂きました。(共著)
タイトル通り通常の仕事におけるロゴマークの作成の仕方はもちろん、僕の章ではロゴマークの役割や価値、そしてロゴマークが何故大切なのかを綴っています。
MdNコーポレーションから5月31日に発売され、6月中旬には大阪で出版記念イベントも開催予定!詳細はまた後日。現在アマゾンなどで予約受付中です!

【出版社紹介文】
デザイナーの制作領域の多元化はよりいっそう進んでいるといえます。
ロゴだけ、チラシだけ、名刺だけを個別につくるのではく、幅広い制作を受注し、ブランディングの視点をもってトータルにデザインしていく能力が求められています。
本書は、企業やブランドだけでなく、地域、行政、教育、街づくりなどにデザインの力で参加していくトップデザイナーの制作現場に密着し、その制作過程を追いかけたデザインの最新教本です。

2015.11.16
世界ポスタートリエンナーレトヤマ2015で展示されています
東京から富山へ。やっと来ることができました!初めて見たのが前回開催時の3年前でした。実際入選・入賞作品を観て、自分のデザインに何が足りないのかを体感した覚えがあります。その甲斐あってというか何というか、今回何とか入選することができ、展示されている自分の作品を観て、今度は入賞するために何が必要なのかをちょっとだけわかったような気がします。それができるかどうかは別ですが・・・。でもやっぱりいいものを生で見ることが何より大切なことは間違いありません。23日(祝・月)まで開催中です!ちょっと遠いですが。
2015.4.3
NIPPONの47人に選んで頂きました

4月3日(金)から渋谷・ヒカリエ8F「d47 MUSEUM 」で開催される「NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN」展で、当事務所がこれまでに手掛けたグラフィックデザインが10点ほど展示されます。
「NIPPONの47人 2015 GRAPHIC DESIGN」展は、47都道府県から一人ずつ47人のグラフィックデザイナーの仕事が紹介されるもので、展覧会ディレクターであるナガオカケンメイさんから岡山代表として選んで頂きました。

2015.2.20
掲載誌のお知らせ
世界のクリエイティブジャーナル誌「QUOTATION」に6ページにも渡りインタビュー記事が紹介されました。未だに誰かと間違えてオファーされたのではないかと思っています。運も大切です・・・。(笑)
岡山 グラフィックデザイン事務所
2017 All rights reserved by QUA DESIGN style
ランドスケープ・公園広場計画都市計画・まちづくりサイン計画インテリア・リフォーム建築プロデュース+トータルデザイン建築CGパースウェブサイトグラフィックツールブランド戦略